キャッシング 債務整理

キャッシングローンなどを債務整理をしてもブラックリストに載らない方法とは?

 

どうもキャッシング問題などを扱う業界に少しだけいたことのある当サイト運営の香取です(^_^)

 

大抵の方が債務整理と聞くとなんだかマイナスなイメージを抱えるのではないかなと思います。

 

 

この債務整理って言葉は少し聞こえのよくした要するに自己破産やそれに順ずるものなのでしょうと実際に聞かれましたし。

 

 

また最近ある過払い金の請求でいくらお金が戻るのか、いくら返せばいいか、弁護士にご相談みたいなCMがよくやる事で
さらに過払い金の請求もごっちゃになって、実際全てが自己破産とかみたいなマイナスなイメージにしか借金問題の話が聞こえないと思うのよくわかります汗

 

 

しかしこれって実ははずれでもないし当たりでもないんです(^_-)
キャッシングなどの借金問題を解決する債務整理には種類が大きく分けると4種類あってその全てを総称して債務整理と言うのです!

 


債務整理とは自己破産、個人再生、任意整理、過払い金の請求の4種類に分類されます。
さらにこの4種類も大別すると2種類に分ける事が出来ます。

 

当然債務整理ですから、この時点で弁護士や司法書士のプロが仲介に入ります。
当然ケースバイケースで変わるのですが、自力での借金返済が無理だと判断した場合は個人再生か自己破産を裁判所に訴えます。

 

そしてまだゆとりのある返済計画なら自力で借金が返済できると判断した場合は消費者金融などのキャッシング元に任意整理を申し込み司法書士などのプロが債権者と交渉し支払い可能になるような条件になるよう話あいます。

 

またキャッシングによる金利が法定金利を超えていた場合、支払いすぎた利息を過払い金請求で取り戻す事が可能になります。

 

 

 

以上の4点含めて債務整理となるのですがある一つだけタイトルにもある通り本当に債務整理をしてもブラックにはなりません!

 

 

それは過払い金の請求です
過払い金とは法定で定められた利息より多く払った過剰に支払った利息を返金してもらう事ですのでその後ブラックリストに登録される事は絶対にありません!

 

 

この様に債務整理でも種類がありより有利に借金問題を解決するためには担当の弁護士や司法書士の腕しだいですが、無料で過払い金請求ができるか簡単に診断してみてから法律事務所に相談する事がおすすめです!

 

全く知らないで相談するのと知識を持った上で相談するのとでは訳がちがいますので!

 

 

 

 

 

 


 

借金を一本化する方法と債務整理の違いとは?

 

多重債務者の方にキャッシングローンを一本化して借金をすっきりさせませんか?というような言葉聞いた事あると思います。

 

このキャッシングローンの一本化と債務整理もまた混同されやすいのですがキャッシングローンの一本化と債務整理は全く別ものです。ややこしいですよね(^_^;)

 

債務整理は先ほどお話しした通りです、自己破産、個人再生、任意整理、過払い金の請求の総称です。

 

では借金の一本化(借り換え)とは何ぞやと思うかと思います。

 

借金の一本化って債務整理と何が違って聞いている通り借金が減るの?

 

まず債務整理とキャッシングローンの一本化の違いですが、債務整理は弁護士や司法書士などの代理人が裁判所や金融会社などと話あい借金を返済できるように金利を下げるよう交渉したり、返済を免除してもらったりする事だとお話しましhたが、借金の一本化というのはその名の通り返済する会社を一社にまとめて負担を楽にしたり金利を低くしたりして返済を楽にしようという方法です。

 

例えると分かりやすいと思うので、簡単な例を挙げます。

 

A社から50万を年率19%で借入、B社から50万を年率13%で借入、C社から50万を年率15%で借入して150万借金があったとします。

 

それぞれ毎月2万円の返済なのですがまず、支払日がばらばらでお金のやり繰りが大変。
年率も24%と高い所から借りてしまっていて中々元金が減ってくれない所がある。

 

そんな悩みを解決してくれるのが借り換えを行ってくれるいわゆる一本化してくれるキャッシングローンです!

 

例の場合なら元金と利息を含めたキャッシングローンなどの借金150万を複数日あったものを15日に固定します。
また年率も一律13%で返済してくれれば大丈夫ですといってくれたら、ばらばらに払ってた負担も減るし、借金も年率の高い会社に払い続けるより減る事に当然なります。

 

 

では借金の一本化についていい点を述べましたが債務整理に比べて劣る点とはなんでしょう。

 

ずばりいいますと借金の根本的な解決を実はしていないのです!

 

債務整理はどんな形にせよ必ずその人が返済できる形で借金の問題を解決します
最悪、裁判所に自己破産を申し込み借金を免除させる事で不利益な事も沢山ありますが目先の借金問題を解決して先へと進む事ができます。

 

しかしキャッシングローンなどで借り換える一本化は確かに負担は減るのですが、元金自体の返済はまるまる残る事は忘れてはなりません。
また借り換えなどで借金を一本化する事によって、借金の負担が減った事で借金がなくなったような錯覚して失敗してしまう人もいます。

 

しかし確かに負担は減りますし、返済能力はあるのだけれど、多重債務のため負担が重く支払いが苦しい方などにはおすすめ出来る方法ではあると思います。

 



 

 

>>簡単な質問に答えるだけで借り換え可能かクイック診断